シェイブテイルのデフレ脱却実践記

シェイブテイル日記ではデフレ経済研究を行ってきました。今後はこれをデフレ脱却実践につなげます。

地域通貨の専門家も支援した「杉並区モデル」はなぜうまく回らなかったのか

数年前の杉並区では、地域通貨の専門家、北海道大学の西部忠(にしべまこと)氏らをアドバイザーに、電子地域通貨「杉並区モデル」を検討していました。 これは杉並区自身が実施主体となり、推進委員会には、杉並商店会連合会、東京商工会議所杉並支部、杉並…

減価スクリップとは?(小冊子の本文v1.1)

昨日、地方自治体・商店街などに向けた啓蒙小冊子のv1.0を作ったことをお知らせしました。 にわか作りで出来があまり良くなかったので、改定版v1.1を作成しました。 電子ブックは無償版ですので、掲載期間が短いので、今回は小冊子の本文も掲載します。 強力…

減価スクリップの紹介電子小冊子作りました

地方自治体や、商店街向けの「減価スクリップ」紹介電子小冊子を作りました。 これから2度にわたって消費税が上がれば、アベノミクスでかなり持ち直してきた景気も腰折れの懸念が出てきます。 そこで、一地方自治体でも実施可能な景気対策「減価スクリップ」…

中世ヨーロッパに、増税したら国民が裕福になった事例があった

中世ヨーロッパで数世紀に渡り発行されていたある種の貨幣では、領主への取り分としての税を増やすことを意図しながら、結果的には領民たちも大変裕福になったようです。 貨幣というのはいかにも人工的な存在です。 万物は必ず滅びるのに、現代の貨幣には負…

大阪府「ぎょうさん買うたろう商品券」の分析

少し古いのですが「マネーガイドJP」サイトで、2010年春1ヶ月足らずの期間、大阪府が橋下知事の肝いりで実施した地域振興券、「ぎょうさん買うたろう商品券」のまとめが載っています。 減価地域通貨を実施しようとするときに、教訓とすべき経験も含まれてい…

ヴェルグルの奇跡以前にも「老化するお金」は実験されていた

不勉強な私は、ゲゼル発案の老化するお金の最初の実践はチロル地方のヴェルグル町長によるもの、と思い込んでいました。 「みち」という雑誌の巻頭言を執筆されている天童竺丸氏によれば、ヴェルグル以前に、ドイツで実験されていたとのことです。 世界恐慌…

日本での減価する地域通貨はなぜ上手くいっていないのか

80年前、オーストリア・チロル州のヴェルグルでは大変な経済効果を産み、マスコミが「ヴェルグルの奇跡」と賞賛するだけでなく、アーヴィング・フィッシャー、ケインズらの経済学者らも注目した減価する地域通貨。 では、当時と同様にデフレの日本では減価す…

「ヴェルグルの奇跡」再現マニュアル(法令編)

大恐慌最中の1932年、オーストリア・チロル地方のヴェルグル町の町長は、実業家・経済理論家のシルビオ・ゲゼルが発表していた「減価する紙幣」理論を実践しました。 当時の人口わずか4300人のこの街には500人の失業者と1000人の失業予備軍がいました。通貨…

いらっしゃいませ、「シェイブテイルのデフレ脱却実践記」です。

いらっしゃいませ。「シェイブテイルのデフレ脱却実践記」です。 私はある面大変打たれ強い()長所を活かし、知らないことを追求しよう、という観点から、大学は生物、大学院では薬学を専攻し、マクロ経済は学部で習ったかどうかも覚えていない、というわが身…

減価紙幣:tdam氏の疑問を考える

2回にわたって書きました消費増税にも負けない「減価紙幣」政策。 基本的にはどの地方自治体でも実施可能なデフレ脱却・景気浮揚策と考えられます。 2014-02-12 「大阪都構想」に対抗すべく自民党に実施提案した減価紙幣案 - シェイブテイル日記 ただ、読者…

減価地域通貨に、行政当局らはどう応えるのか

先に書きました、 「大阪都構想」に対抗すべく自民党に実施提案した減価紙幣案 は、特に大阪市に限って有効ということではありませんので、消費増税の悪影響が出る前に、各都道府県の地方自治体でも独自に減価紙幣による経済活性化に取り組むことは「冒険」…

「大阪都構想」に対抗すべく自民党に実施提案した減価紙幣案

1.今のタイミングでの「大阪都構想」市長選挙の愚 大阪市では橋下市長が一旦市長を辞任し、3月下旬に大阪都構想具体化について是非を問う意味での大阪市長選挙が実施されます。 これに対し、大阪市の自民党府議連は2/8には早々と「大義なき選挙は時間の無…

2 減価地域通貨に、行政当局らはどう応えるのか

先に書きました、 「大阪都構想」に対抗すべく自民党に実施提案した減価紙幣案 は、特に大阪市に限って有効ということではありませんので、消費増税の悪影響が出る前に、各都道府県の地方自治体でも独自に減価紙幣による経済活性化に取り組むことは「冒険」…

「大阪都構想」に対抗すべく自民党に実施提案した減価紙幣案

1.今のタイミングでの「大阪都構想」市長選挙の愚大阪市では橋下市長が一旦市長を辞任し、3月下旬に大阪都構想具体化について是非を問う意味での大阪市長選挙が実施されます。 これに対し、大阪市の自民党府議連は2/8には早々と「大義なき選挙は時間の無…

恐妻家が考える「消費税増税に賛成した人々」

(妻がこの駄文を目にする前に書いておきますが、以下の文章の一部、もしくは全てはフィクションです) 私は恐妻家である。 むしろ狂妻家、と書いてさえおかしくないほどである。 ただ、ここにひとつ問題がある。私の家にはペット以外には私と妻しかいない。…

政府日銀どの。コアコアCPI上昇を尻目に、現実の物価は足踏みしてますよ。

シェイブテイル‏@shavetail コアコアCPIは順調に上昇するも、肝心の主婦感覚に近いPOSデータ由来の東大日次物価はゼロ超えを前に足踏み。 http://www.cmdlab.co.jp/price_u-tokyo/ 円安原料高で製品価格を上げてもそれを買わない主婦達の姿が見えるデータ。 …

政府日銀どの。コアコアCPI上昇を尻目に、現実の物価は足踏みしてま

シェイブテイル‏@shavetailコアコアCPIは順調に上昇するも、肝心の主婦感覚に近いPOSデータ由来の東大日次物価はゼロ超えを前に足踏み。 http://www.cmdlab.co.jp/price_u-tokyo/ 円安原料高で製品価格を上げてもそれを買わない主婦達の姿が見えるデータ。 #…

元国税庁査察官殿、一言ゆうてよかですか。

たまたまパラっと見た週刊エコノミスト(2014.01.07号)p30を見てなんとも言えない気分になりました。 2014年度税制改正大綱 法人減税と個人増税安易な節税も封じ込め自民・公明両党は12月12日、2014年度の税制改正大綱を決定した。14年4月に消費税率引き上げ…

消費税増税を推進するインナー・サークルの人々ってものは…

このブログの主要テーマである反デフレ・反消費税という文脈では「インナー・サークル」つまり権力中枢に近い人々というのは、何かこう、己の利益にしか目が向かない無慈悲な冷血漢のように私たちの目には映ります。 権力に近いことをいいことに、国民の大半…

ケモノ道造り

今晩は、経済とは無関係の趣味のお話です。 私の住む地域(某非首都圏)は、新興住宅地の中の様子はよその地域の住宅地と違いはありません。 ただ、うちの近所の場合、周囲には相当広く雑木林が広がっています。庭から狐が見えたり、住宅地の外れでキツツキが…

我々反デフレ・アミーゴ党にツヨーイ味方が現れましたw

参画された新たな味方とは 1月31日。我々、反デフレアミーゴ党にツヨーイ味方が参画されました。 桂木健次先生。

今朝の日経。ふたつの良いニュース

今日の報道では、ふたつ嬉しいニュースがありました。 事実上、厚労省が混合診療を導入に踏み切ることになったこと。 そしてもうひとつは、事実上、橋下氏が引退の幕引き作業に入ったことです。 【1】事実上の混合診療導入案 新薬、保険適用に新基準 費用対…

反デフレ・反消費税という考え方のマクロ経済学的基盤

【消費税】 ◯安部首相でさえ、国会答弁で語る「消費税増税分は専ら社会保障費として使う」、というのはウソだとしっていますか? 消費税増税使途にみる財政危機とデフレ -http://d.hatena.ne.jp/shavetail1/20131117 ◯そして消費税により多くの人命が失われ…

反デフレ・反消費税アミーゴ党設立趣旨書(草稿)

1設立目的 ◯デフレ脱却・消費税悪影響緩和を実現する 2.党名・略称 ◯反デフレ・反消費税アミーゴ党(「アミーゴ党」) 3.以下の「参加資格」設定理由・政治では、常に「数は力」。 4.参加資格 以下のどれかひとつ以上に該当する全ての人(未成年・外国…

’16年の政界台風の目は既存政党ではない

❏日本経済シナリオを予測の前提と客観状況 現在判明している日本経済の予定としては、今年4月の消費税8%への増税から2016年夏に実施される可能性がある衆参同日選挙までいくつか知られています。これらの既に決まっているスケジュールを時系列に並べてみた…

疲れる嫌な感じの彼/彼女と仲良くなれる方法がここにあるかも

誰だって、愉快な仲間たちに囲まれて過ごしたいもの。 だが人生、そうは問屋がおろさない。 だれにでも疲れる相手、嫌な奴ってのが居るもの。 もしいまそんな相手に振り回されていて、しかもその相手(上司やパートナーなど)と縁も切れない…、とお悩みのあな…

ホームレスのH氏、働き始める

今朝、面白い光景を目撃しました。 私の分身が運営する「shavetailの白熱狂室」で、昨日少しだけ触れたホームレスのH氏(仮称)がなんと「自宅」とする駅の地下道内で働いていたのです。 私の分身・シェイブテイル2とH氏の関わりについては、こちら… アミーゴ…

アミーゴ教 教義第1条

◇引っ込み思案だった私 小学校のころは担任の女の先生に、家庭訪問などでは親に「少しおとなし過ぎるかも…」、といわれていた。 この傾向は成人しても残った。 とりわけ嫌な思い出は、当時同級生だった吃り(どもり)の友人の真似をしていたら、自分まで吃るよ…

財務省だって空気で動く

インナーサークル*1での消費税増税推進運動では、その中心に「悪の中枢」が鎮座している、っていうのは妄想かも知れない。 なんだか彼ら、次官以下、一人ひとりにはそれほど悪気が無さそうな気がする。全員が単に周りの空気に合わせているだけ、というのか。…

パートナーと仲良く暮らす方法

これもまた答えがひとつではないですね。 いろいろな家庭生活の達人が私より優れた方法を考えてらっしゃるに違いありません。ま、恥を承知で私の到達点をご紹介します。 ☆パートナーと仲良く暮らすひとつの方法 ◯思考実験前提 パートナーと言っても色々でし…

白熱狂室の目的

例えば 最初のテスト投稿を例に取れば この白熱狂室では 最初から答えがないと思われる自問自答をしている 何を目的に? 正しかろうが、間違っていようが、 自分の意見を言う場をつくろうとしているから 皆が自分の意見を匿名でも自由に語る場があれば、日本…

宇宙の数っていくつあるの?(超弦は関係なく)

ということで、白熱狂室開講します。 ◇常識はこうささやく… 大抵の人は宇宙は唯一つと考えている。 *1 ◇では宇宙の数はいくつ? ◯世の中、もっと広く言えば世界あるいは宇宙は一つだけか? ◯こうしたものを認識しているのは人間の脳。 ◯となると、例えばカエ…

マネタリーベース積んでも消費税セーフティネットはできませんよ

「消費増税やむ無し」と洗脳されていない政治家なら、みん党や結いの党はもとより、条件があえば維新の党小沢鋭仁氏や、更には共産党員にだって現在も将来だって伸長著しい我々の「反デフレアミーゴ党」に鞍替えして欲しい。鞍替えに要する条件はなにかって?…

民主主義とは無関係であっても「最後は数だ」!

1.狂気の沙汰も数次第 あるご婦人から伺った話です。 何年か前、同居されていたおばあさんが90歳を超えた頃から、可怪(オカ)しくなっていったそうです。普通のテーブルの上を、「アリが這っている。」と言い始めたあたりから言動が変になったそうです。 そう…

国民目線に立つ議員さんは立派だ

先日、知人の企業トップの仲介で、ある地方公共団体(都道府県クラス)の有力議員、城山氏(仮名)とお会いする機会があった。実は城山氏とは4年ほど前にも、今回仲介された方と3人で会食し、その時には今で言えば「アベノミクス第一の矢が是非必要」という話を…

この期に及んで消費税増税阻止が可能なのはこの人しかいない!

はっきり言って、消費税が2015年10月に10%に上がるのを止めるとすれば尋常の努力では不可能だ。でも。 もしも、仮に今から消費税10%を止めさせられる、その尋常ではない努力が可能な神のような人がいるとすれば、その人は安部首相でも、菅官房長官でも無いは…

ブラジルだけでなく、人類は皆アミーゴ

都会地に住む人達なら、電車で隣に座った若い男が、足を広げて寝ているのはだれしも嫌なものである。先日、混みあった通勤時間帯なのに、電車内で高校生と思しき若い男が、大股開きの間に、大きなスポーツバッグを挟んで私の隣の席で寝ていた。 もしかすると…

日本が無税国家になっては悪いのか

無税国家。いい響きの言葉。 全然OKじゃないの。 あなたが「無税国家は実現しにくい。だから非現実的」といいたいことは、まぁわかるけれど。でも。 ブルネイなどは原油で無税国家。 モナコはカジノでで超低税率国家。 シンガポールは交易で超低税率国家。 …

マクロ経済でマネーが消える時はいつか

マクロ経済は当然ミクロ経済とつながっていますが随分違っていることもあります。 マネーがいつ増え、いつ消えるのかは両者でまったく違っています。この点が、地方自治体の運営は個人の感覚と似ているのに、中央政府が目指すべき政策はまったく異なる原因と…

「日銀国債引受け無効論」に欠落した視点

国債を日銀が引き受けても財源とはならないという議論があります。 ところがこの議論、重要な視点が欠落しているようです。 国債を日銀が引き受けても財源とはならない、という考え方はそう突飛な考え方ではなく、池尾和人・慶応大学教授や岩本康志・東大院…

量的・質的緩和には大きな副産物がある

黒田日銀による量的・質的緩和は、10月のコアコアCPIをプラス転換させるなど、デフレ脱却に向けて一定の効果を発揮しているようです。ただ、量的・質的緩和にはもうひとつ、大きな副産物があるのに、黒田総裁は知ってか知らずか、それを否定しています。 日…

やはり現在の税収弾性値は1.1ではない

今年度の税収は財務省予測より大幅に上振れしています。 この上振れした税収額から推定される税収弾性値は約3です。 この税収弾性値は財政政策立案の重要なファクターですが、従来から財務省や関係研究者が主張する税収弾性値1.1を根拠に消費税増税を主張す…

消費税増税使途にみる財政危機とデフレ

来年4月、消費税が5%から8%に引き上げられます。 安倍首相はその使途を社会保障費に限定すると約束しました。 ただ、実際の使途をよくみると、財務省が財政危機を演出しているに過ぎないことや、日本の消費税はなぜ日本をデフレに導くかがみえてきます…

日銀が購入する資産は長期国債がベストか

黒田日銀はアベノミクス第一の矢として、2%のインフレ目標を掲げて、長期国債などの大量購入により、2年程度でのデフレ脱却を目指しています。ただ、この方法がデフレ脱却への最善の金融政策かと言えば、やや疑問が残ります。アベノミクスが実質スタートし…

不換紙幣の信用維持は政策として意味があるのか

貨幣とは何かと言うのは永遠の課題のようで、何世紀にもわたっていろいろな答えが出てきました。 ただ、通貨の本来の性質を考えると、不換紙幣日銀券の信用を発行体日銀や保有する国債の信用に結びつける議論はかなり的外れと思えます。◯ウィキペディアでの…

消費税とデフレの一見不思議な関係

日本では1997年の3%から5%への消費税増税後はっきりとデフレ化しました。 しかし、1989年の3%消費税創設時にはなぜデフレ化しなかったのでしょうか。 また消費税を創設したフランスは現在標準税率19.5%。でもデフレではありません。 これはどう捉えるべきな…

国債リスク指標からみた日本の特殊性

日本国債については、世界最悪といわれる粗債務残高/名目GDP比率の高さと、世界最低といわれる長期国債金利の低さという「矛盾」がしばしば指摘されています。 IMFでは国債投資家にとってより使いやすいリスク指標をつくり分析しています。その新しい国債投…

意味がなさすぎる「日本を元気にする国民運動」

日本では政府債務の大きさが問題となっています。 しかし実態は政府主導で財政健全化指標を悪化させています。 そうした中での「日本を元気にする国民運動」とはどんな意味があるのでしょうか。 自民党は、賃上げによるデフレ脱却を目指し、「日本を元気にす…

誰か説明してくれないですか

財務省・ロボット政治家・マスコミ・御用学者・御用エコノミストで、頭のなかどうなっているのかと思うこと。1.減税・増税 ・財政危機だと言いながら、法人税を恒久的に下げて更に税収を落ち込ませようとすること。 ・海外から企業を呼びたいと言いながら…

政府発表と民間予測の乖離を埋められないマスコミ

今話題となっている消費税増税とTPP。 いずれもGDPに与える影響を政府が試算しています。ただ、精査するとどちらもかなりの楽観評価をしているようですが、政府試算と民間での試算の間にある大きな乖離は放置されたままです。早速、その違いを見てみましょう…