シェイブテイルのデフレ脱却実践記

シェイブテイル日記ではデフレ経済研究を行ってきました。今後はこれをデフレ脱却実践につなげます。

ガラ銀用語辞典(3)

この日本のどこかにあるという、○銀そっくりなガラパゴス銀行、略してガラ銀。
このガラパゴス銀行でもちいられるガラ銀文学。
この難解なガラ銀で使われる用語を解説します。


【き】 金融緩和 
四文字熟語。 「羊頭狗肉」と「針小棒大」を足して二で割ること。
 (用例)ガラ銀は世界で最も金融緩和している。

【せ】政策決定会合
 ガラ銀鳩首会議のこと。 世界の同種会合の中では最も早く外部に内容が漏れ、それなのに世界で最も影響がない。

【し】辞任
 ガラ銀の政策手段の中で最もインフレ期待を高めると噂されている、伝家の宝刀。
 特に「総裁辞任」は、効果があり、その噂だけで株価が高騰し、長期金利は低下してしまう。
実際、’10年9月24日にはこの噂だけで円が下がり、株価が騰がり、ガラ銀総裁は辞任の予定がないと声明を出したほど。

【ひ】非不胎化
 二重否定語。 肯定語は胎化。単否定は不胎化。 三重否定は非不未胎化。四重否定はひぃふぅみぃよぉ(ry


日銀デフレの目次へ)