シェイブテイルのデフレ脱却実践記

シェイブテイル日記ではデフレ経済研究を行ってきました。今後はこれをデフレ脱却実践につなげます。

放射線量と臨床症状

原発事故の報道では放射線による人体への影響の尺度としてシーベルト(Sv)という単位がでてきます。ただ、Svという単位が大きすぎるため、ミリシーベルト(mSv)やμシーベルト(μSv)という単位が使われたり、1時間当たりの放射線量を示すmSv/h(時)やμSv/h(時)といった単位が出てきて私たちは混乱します。
そこで、どの単位なら、どの数値を目安に安全と考えるべきか、というリミットを表にしてみました。


報道では「北茨城市で5μシーベルトを観測!」などと言っていますが、正確には5μSv/時という一時間当たりの放射線量であることが多いです。 この表をご覧いただくと、放射線業務従事者や世界で放射能の高い地域(インド・中国・ブラジル)に暮らす人々が日常的に浴びる放射線量がほぼ5μSv/時です。ですから、北茨城市での最大放射線量がここまで上がったから、といって人体に影響は全くないと考えられます。 臨床的に急性症状が出始める放射線量は、その約5倍の量を1年間浴びた場合です。 亡くなる人が出始める放射線量は、更にこの10倍。 
 このまま事態が沈静化に向かうとすれば、福島原発事故での死者は0となることが期待できます。

1999年、東海村JCOで作業員が放射性物質をじかに扱い、多量の放射能被曝した事故がありました。このJCO臨界事故で亡くなった作業員が浴びた放射能は6から17Sv(=6000〜17,000mSv)という恐ろしい量でした。これは極端な事例でしたが、その場にとどまれるかどうかの基準は先ほどの5μSv/時、あるいは50mSv/年前後だと思います。

関連記事: 
放射線量と臨床症状(2)
放射線量と臨床症状(3)

今週のお題東北地方太平洋沖地震