シェイブテイルのデフレ脱却実践記

シェイブテイル日記ではデフレ経済研究を行ってきました。今後はこれをデフレ脱却実践につなげます。

 IMF World Economic Outlook Database の使い方

【おまけネタ】
昨日のエントリーでは、IMF World Economic Outlook Database (2011APL版)を活用して、日銀のデフレ政策について書きました。
今日はおまけネタとして、IMF World Economic Outlook Databaseの使い方をご紹介しましょう。

まず
http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2010/02/weodata/index.aspx
にアクセスします。
IMF World Economic Outlook 20xxでググれば最新版にアクセスできるでしょう。

赤丸をクリック。

1. Select Country Group

赤丸をクリック。

2. Select Countries

好きな国をセレクトしたら、Continueをクリック。

3. Select Subjects

−−−−−−−−−−

ここではGross domestic product, deflator Index と
Monetary>Inflation, average consumer prices Indexのふたつをクリック。
そしてContinueをクリック。

4.Select Date Range で好きな期間を選択。(画面省略)
で、Prepare Report

次画面のいちばーん下に…。

これでデータがダウンロードできます。

ついでですから、ダウンロードしたデータをこちらに置いておきます。
後は自由に加工してみてください。

weoreptc (1).xls 直

【注意】このファイルはCSV形式だったのか、エクセル形式ではない、という警告がでます。
ですので、一旦エクセル形式(.xlsか.xlsx)として保存してから加工する方がいいと思います。