シェイブテイルのデフレ脱却実践記

シェイブテイル日記ではデフレ経済研究を行ってきました。今後はこれをデフレ脱却実践につなげます。

減価する地域通貨に関する参考文献

 先日書いた減価する地域通貨についてのエントリーに対し、減価する通貨に関する情報が欲しいとのお話がありましたので、参考文献を記します。


減価通貨について論じた書籍は少ないですが、有名なところでは「エンデの遺言NHK出版 (2000)・ 「エンデの警告」NHK出版 (2002)があります。
もっと専門性が高い本では「エコマネーの新世紀」勁草書房(2001)あたりでしょうか。
WEB上には沢山情報があります。
・「ヴェルグルの奇跡」でググッて出るサイト(「労働価値紙幣」関連)
・私のサイトに2、3件、
オーストリア散策・エピソードNo158  Pomfi (2010)
http://www.onyx.dti.ne.jp/sissi/episode-index.htm
日本語で、内容充実性から言えば、このPomfi氏のサイトが現在一番かもしれません。
ドイツ語のサイトまでカバーされた参考文献があります。

時間が許せば、筆者のサイトでもデフレ脱却のための「減価通貨研究」でもアップしようかと思っています。
この件は、制度設計がカギを握りそうで、アイディア勝負のデフレ脱却策かも知れません。
(前、予告編を書いて本編書かなかったことがありましたので、話半分でw)

もしこれらのご参考になったなら、コメント・リクエスト・ブックマークなどをお願いしますw


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」

エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」

エンデの警告は、エンデの遺言よりも内容が濃いんですが、市販されているところが少ないです。

エコマネーの新世紀―“進化”する21世紀の経済と社会

エコマネーの新世紀―“進化”する21世紀の経済と社会

結構参考になりました。

ただ、デフレ脱却策に焦点を当てた和書はまだ知りません。
面白いのは世界的にデフレだった1930年代に盛り上がり、デフレから世界が抜けだすと減価通貨は廃れました。
減価通貨がインフレを加速することがこれからも分かります。