シェイブテイルのデフレ脱却実践記

シェイブテイル日記ではデフレ経済研究を行ってきました。今後はこれをデフレ脱却実践につなげます。

日銀国債引き受けについて語るなら、「有識者」「市場関係者」ではなく、「財務省・日銀の筋のものですが」と名乗るのが筋

幸田真音氏が、2日朝のサンデーモーニングで「日銀が国債を直接引き受けするなんて禁じ手です!」って力説してました。別の出席者からは「いや、その点は今論点になっていますが。」と指摘されても無視でした。
なんでまたたかが(失礼)作家が、そんな間違ったことを力説するのかな?と思ってましたが、こんなリストがあるんですね。そりゃ財務省の言いなりでしょう。

それにしても下の図のような日銀引き受けがなされているのに、その事実を曲げていうのであれば、この財務省の懇談会メンバーの幸田真音氏といい、数日前のエントリーで取り上げた元日銀マンの第一生命経済研究所・主席エコノミストの熊野英生氏やJPモルガンのチーフエコノミスト・菅野 雅明氏といい、「有識者」「市場関係者」みたいな顔でしゃべらず、それぞれあらかじめ財務省・日銀の筋のものですが…」 、と断った上で間違った自説を展開するのがフェアな姿勢というものでしょう。
 
日銀の国債引き受け額推移(高橋洋一氏のツイッターより)

関連記事
白川総裁が毎年10兆円以上の国債を直接引き受けていると認めた国会答弁ビデオ
国債の日銀引き受け報道に見る日本の報道統制事情