シェイブテイルのデフレ脱却実践記

シェイブテイル日記ではデフレ経済研究を行ってきました。今後はこれをデフレ脱却実践につなげます。

東京電力の被災

東京電力福島第一原発事故は現在進行中でまだ終わっていません。ただ、自衛隊など関係者の努力で終息に向かっていると思われます。 この影響を受け首都圏では現在計画停電を余儀なくされています。今の季節のピーク時電力需要4100万キロワットに対し、本来の供給能力が5200万キロワット、それが今は近隣電力会社の支援をうけても3400万キロワット程度とか。そこで東京電力の震災前と震災後、更には復興後の原子力発電供給量を調べてみました。

*:日本=日本原子力発電
ある方によれば、東京電力の発電設備は水力 898万kW 火力 3768万kW  原子力 1730万kW とのことです。
これらを単純合計すれば、6500万kWもあります。 4100万キロワットなど余裕でクリアしそうです。 ところが水力は、雨が常にふり続けているわけではありませんし、火力・原子力も定期点検などが必要ですから、全てを常時フル稼働するなどは不可能です。私の試算ですが、どうやら発電設備能力の60%程度が実際の供給最大量となっているようです。その上今回の被災東電管内の原子力発電施設の能力の約半分が失われています。被災廃炉となった福島第一1〜4号炉は言うに及ばず、近く建設予定であった原子力施設もこれほど原子力アレルギーがある日本で計画より前倒しで発電開始となる可能性は余りないでしょう。
今年の夏以降、毎夏首都圏は慢性的電力不足に陥ることは避けられません。 迅速に京阪神や中京地区に官庁・本社機能を移すなど必要な手を打たなければ日本全体が悲惨な状況となるでしょう。

今週のお題東北地方太平洋沖地震