シェイブテイルのデフレ脱却実践記

シェイブテイル日記ではデフレ経済研究を行ってきました。今後はこれをデフレ脱却実践につなげます。

もう買うものがない?

以前は日の出の勢い、と言われていた日本。 最近ではGDPで中国にあっという間に抜かれ、国全体がしぼんだようになってきています。
こうした状況のなか、TVで評論家の方は言います。
「もう新興国で日本で作る大抵のものは作れるようになっています。国内でももう欲しいものがない。これがデフレギャップの原因にもなっています。」

日本国内にはもう欲しいものがない。 これは正しいのでしょうか。
これを判断するために、可処分所得と消費支出の関係を見てみましょう。出典は「国民経済計算」というデータです。 横軸に可処分所得、縦軸に消費支出をとってプロットしてみます。
可処分所得-消費支出
    図1 可処分所得と消費性向
緑色が1985年から2007年までの可処分所得と消費支出の関係を示しています。実線はy=xの線です。
これを見ると、可処分所得・消費支出が約400兆円・250兆円の年(1991年)までは可処分所得が順調に伸び、消費支出もこれに伴って伸びていますが、それ以降は可処分所得は伸びず、にもかかわらず消費支出が増えています。
これは見方を変えれば消費性向(可処分所得に対する消費支出の比率)は下図の通り次第に増大していることになります。
消費性向
    図2 消費性向
こうして見ると、もし日本が「国民から見てもう買いたいものがなくなっている状態」だとすれば、図1のグラフは次第に寝て、図2の消費性向は低下しているはずですが、実際は逆です。
結局因果関係としては、
買いたいものがない→企業の売上低下→従業員の給与減→可処分所得減少
ではなく、
企業の売上低下→従業員の給与減→可処分所得減少→急には今の生活レベルを変えられない→消費性向の上昇
ということだと考えられます。

日米欧とも中央銀行量的緩和を進め、金融機関まではカネが溢れる状況となっていますが、家計をはじめとする非金融部門はカネ不足。 (溢れる金融機関のカネが非金融部門に届かないのが「流動性の罠」です)
非金融部門では需要がないというよりカネがないのですから、日銀・白川総裁らが主張する、「需要自体が不足しているときは、流動性を供給するだけでは物価が上がってこない」ので、「金融政策だけでは限界がある」というのは、データから見て間違っているといえます。


( 日銀デフレの目次 へ)このブログでデフレについて読者の方から好評価だった記事のランキングも作ってみました。
経済分析ランキングでの10位以内定着を目指しています。
このブログに興味が持てた、と思われた方は、
クリックをよろしく!⇒