シェイブテイルのデフレ脱却実践記

シェイブテイル日記ではデフレ経済研究を行ってきました。今後はこれをデフレ脱却実践につなげます。

終戦後日本経済はなぜ破綻したのか

日本の国債について、三橋貴明と言う人のブログを読んでみました。
・国の借金と言っているが実は政府の借金
(これは間違いないですね)
・債権者の大半は日本人
(これも正しいです)
・だから日本財政は破綻しない。
ここ、論理の飛躍がありますね。

政府には徴税権があり、また紙幣発行権もあります。
政府も負債は返さなければなりませんが、その財源については、まずは徴税権により国民に負担を求める。 
だから今我々が支払う税金のうち一定割合も、国債償還費用に充てられているわけです。
要するに「政府」ってものが勝手に借金を自ら払ってくれてチャラにしてくれるのではないのです。

で、これほど巨額に膨れ上がった政府債務です。
これが徴税だけで返せる訳がありません。

結局、名目の債務を越える速さで名目GDPを増やして返済する(マイルドインフレ)か、
物価上昇を極限まで早めて債務をチャラにする(ハイパーインフレ)かしか手は残りません。
マイルドインフレなら、債務の山から階段で降りるようにして逃れられますが、
ハイパーインフレなら、債務の山から飛び降りるようなものです。
両者とも同様に地上に降りられます(借金はなくなる)が、後者の場合、命がなくなります(経済破綻)。


三橋さんって人、国内の借金なら返さなくてもいいんだったら、
終戦直後の日本はなんで破綻したと思っているんでしょう?